探偵と警察の違い

テレビドラマなどで、探偵は良く出てきます。そして大概カッコよく、事件を解決するわけです。探偵とはそんな存在だと、テレビの影響で、買ってに決めつけている人が多いようです。現実は違います。また、探偵と警察との違いがはっきりわかっている人も少ないみたいですね。探偵と警察の違いを言葉で説明するならば、警察は刑事事件を取り扱い、探偵は民事事件を取り扱う、という大きな違いがあります。

 

したがって、遭遇している事柄が警察に通報すべきことなのか、それとも探偵に調査を依頼するのかは自分で判断しなければいけません。警察というのは、犯人が逮捕されるケースでは必ず動いていますね。しかし、例えばあなたとある女性が男女間のトラブルになったとしても警察は動きません。それは逮捕されることはありませんから、探偵の仕事なのです。

 

ただし、最近は違ってきています。ストーカー事件などでは、被害に遭っていない場合でも大事に至ると判断される場合は警察が事前に、パトロールや保護をするケースが多くなってきましたね。これは犯罪を未然に防ぐためなのです。それとは違い探偵に依頼する事柄というのは、多くは浮気調査や家出人捜索などです。

 

この警察と探偵の仕事の違いを簡単に言うならば、犯罪を犯しているかどうかとなるでしょう。そしてもうひとつ大きな違いに、お金があります。探偵の料金は依頼する人が支払います。しかし、警察へは料金がいりません。当然です、税金が使われているのですから。しかし、考えてみてください。同じような事をするのに、やはり本当はお金、費用が掛かっているのです。それをかたや国民が支払っているのです。

 

ですから、そんなに大事でもないのに、または、夫婦間の不信などで警察をわざわざ動かすのは慎むべきでしょう。探偵には料金として1時間で1万円は最低支払います。それも探偵ひとりが動くことに対してです。これが警察だとどうでしょう。大勢の警察官が調べるような場合、1日でも数百万円が消費されていることになります。警察と探偵はこのように、似ているようですが、大きく違いがあるのです。

 

 

>>探偵の料金相場ってだいたいいくらぐらいが目安なの?