探偵への依頼で一番多い「浮気調査」の場合で、1時間1人で8,000円〜15,000円ぐらいが調査料金のだいたいの相場です。

 

「1人」というのは尾行をする探偵の人数のことで、2人1組となって浮気調査する場合には料金は倍になる、ということです。

 

探偵事務所によっては、「1日@万円」という金額設定であったり、「浮気の証拠がとれた場合のみ@万円」という成果報酬制のところもあります。

追加料金に注意!

「浮気調査料金1時間1万円」と表示されていても、その他に、尾行に使う車両代・機材代・その他経費として、追加で料金が請求されることもあるので注意したいところです。

 

悪徳な探偵事務所の場合には、高額な経費を水増しして請求されたり、浮気の証拠がとれなかったからといって、事前の見積もり・打ち合わせにはない追加の調査を勝手に行って、その分の料金を追加請求してくるケースもあります。

 

探偵を選ぶ際には、最近ではインターネットで探偵社・興信所のホームページを見て依頼する方が多いですが、以上のことを考えると、ホームページに記載されている料金だけを見て「安い探偵に依頼しよう。」と考えることが、いかに危険なことなのかが、お分かりいただけるかと思います。

確実な浮気の証拠をとることの大事さ

浮気調査を探偵に依頼して、浮気の証拠をとる目的は、大きく分ければ以下の2つです。

 

証拠をつきつけることによって、夫婦関係を修復するため

離婚への準備、夫(妻)・浮気相手への慰謝料請求のため

 

浮気調査というと、離婚裁判での証拠をとる目的というイメージが強いですが、円満解決を望まれる方も多くいらっしゃいます。そして、どちらの場合でも最重要ポイントと言えるのが、「確実な浮気の証拠をとること」です。

 

探偵事務所の中には、離婚調停ではとうてい使えないようなレベルの低い証拠しかとれていないのに、高額な料金請求をしてくるところもありますので注意が必要です。

 

調査能力が低くて尾行がばれた場合には、もう二度と証拠がとれないこともあります。結果が出ない浮気調査ほど高くてムダなものはないのです。

まとめ

以上をふまえて、失敗しないための探偵事務所を選ぶポイントは2つ。

 

確実な証拠をとれる調査能力の高さはあるか?

 

見積もりの段階で「諸経費を含む総調査費」の提示があるか?

 

この2つを満たしているのが、以下の探偵事務所です。

 

 

解決実績70000件以上の信頼感

安心の料金設定(見積もり無料)

無料相談24時間365日受付中(全国対応)

 

原一探偵事務所

 

>>電話・メールでの無料相談はコチラ

 

※通話料無料・携帯からもOK
※匿名での相談もできます。

 

 

原一探偵事務所の浮気調査料金は1日8万円〜となっていますが、他の探偵社と比べて高くないですか?

原一探偵事務所の見積もりには、調査員人件費・調査車両料金・機材料金・報告書作成料金・その他経費が全て含まれています。

 

詳細な打ち合わせ後に、諸経費を含む総調査費が提示されるので、一見すると高く見えてしまっているだけです。他社でよく聞く「高額な経費の水増し」や「追加料金」がかかることが一切ないので、最終的には安い料金で済むことになります。

 

例えば、東京で浮気調査依頼をしたとして、尾行中にいきなり大阪へ移動してしまったとします。この場合にも、調査員の交通費や宿泊費などが別途請求されることはありません。原一探偵事務所は全国に支社があるので、各地の調査員と連携を取れるというのも大きなメリットと言えます。

「証拠がとれた時のみ料金発生」など成功報酬制を採用している探偵社のほうが料金が安くすむような気がしますが?

確かに、成功報酬制の浮気調査の場合、最初に支払う料金が少ないのでオトクに感じます。ですが、何をもって成功なのか?ということと、その時に発生する料金の詳細をしっかり聞いておかないと、後になって後悔するケースもあります。

 

また、格安料金の浮気調査を行っている探偵は魅力的に見えてしまいがちですが、探偵選びの際には、料金の安さよりも「調査力の高さ」を重視して選ぶべきです。レベルの高い証拠写真を撮る能力はもちろん、尾行がバレない能力というのも、調査力の高さと言えます。

 

浮気調査は対象者にばれてしまえば、警戒心をあおることになり、今後2度と浮気の証拠がとれなくなってしまうこともあります。原一探偵事務所の場合、調査実績41年の歴史で受け継がれてきた高い尾行技術があり、安心してまかせることができます。

 

>>原一探偵事務所の無料相談窓口はこちら

 

 

探偵の能力の判断

調査を実際に依頼するとしたら、できれば能力が高く、経験豊富で、必ずこちらが望む結果をだしてくれる、そんな探偵にお願いしたいものです。高い浮気調査料金だけ取られて、思う様な報告が受けれなかったら、損をする、そんなことは嫌ですからね。しかし、どうやって、浮気調査・素行調査・行動調査・信用調査・聞込み調査・盗聴器発見調査のスキルの高い優秀な探偵を探すことができるのでしょうか。

 

インターネットで、そのようなページがあります。どこどこの探偵が能力が高いとか、この探偵に依頼すると良いとか、探偵の選び方や体験談・口コミなどのサイトもあります。しかし、これを信じていいものでしょうか。探偵に調査を実際に依頼して、それも複数の探偵に調査依頼をして、比較できるくらいの依頼件数を実際にした人などなど本当にいるものでしょうか。文章をすべて信用することは危険です。記事を書いた人がどうやって調べたのか。甚だ疑問ですね。専門家が回答している情報サイト・専門サイトのようなHPがあれば良いのですが、探偵という特殊な業界ですのでそれも難しいのですね。

 

探偵業者から聞き取りをして、それを書いているだけかもしれませんし、お金をもらって、宣伝として掲載しているかもしれません。ですからこのような書き込みなどは意味がないと思った方がいいでしょう。こうなると自分で調べるしかありません。どうやって??もう、直接探偵社の住所や電話番号などを調べて、問い合わせてみることが一番でしょう。調査費用・着手金はいくらなのか?調査人員は何人?成功報酬制の興信所の場合には調査成功した時にいくら位かかるのか?車両費などの調査経費の支払いでトラブルはないか?調査機材はどんなものを使用するのか?調査期間が長くなった時の浮気調査費用・キャンセル料についてなど。

探偵依頼にかかる費用

探偵事務所にあなたが依頼するとしたら、一体いくらくらい費用がかかるものなのでしょうか。もちろん、依頼内容によりかかる金額は違うはずです。依頼内容により調査方法が違いますから、いくらかかりますと最初に正確な金額を提示されるのも難しい話なのです。また、かなりの金額をかけたとしても、調査終了時に依頼通りの調査資料・調査結果がでるかどうか、それはわからないということも覚悟する必要があります。完全成功報酬でやってる興信所もあります。

 

もちろん、有能な探偵に依頼すれば、調査依頼をしっかりやりきる可能性は高くなるでしょう。しかし、その分金額も高くなると思った方がいいでしょう。さて、探偵事務所に調査を依頼した場合、実際にどんな調査をするのでしょうか。まずは尾行調査が挙げらます。尾行調査はひとりで行いません。調査人員は2名で行うのが一般的なのです。行方不明調査・身辺調査・所在調査ではもっと調査人員を配置するケースもあり調査日数も長期に渡ることもあります。

 

一人ではいろんな不都合がでてきます。例えば、尾行している以上は、浮気現場・ラブホテルから出てくるところなどを見逃せませんからトイレもいけません。ですから通常ふたりで行動することになるのです。そうなるとかかる費用、人件費も単純に2倍ですね。相場の料金は1名当たり1万円と考えると、2名で2万円となるわけです。終日8時間調査したとすると16万円になります。このように1日あたりでいくらなのか?は事前に知っておきたいものです。

 

調査日の尾行の目的が達成されればいいのですが、そうは簡単にはいきません。探偵業は簡単ではないのです。この費用は人件費だけの計算ですが、例えば尾行に車やバイクなどを利用した場合はその分、調査実費にプラスしてガソリン代など別途料金が発生するのです。もしも尾行相手が、温泉地へ旅行へ行きそのまま宿泊した場合には、探偵も宿泊することになります。宿泊費用請求だけでなく悪徳業者の場合には消耗品費などといって経費水増しで使ってもいない経費を請求してくるアクドイ会社もあるので注意が必要。

 

浮気調査などでは、調査対象者が急に遠く旅行にでかけることがあります。そこがポイントですから、探偵も同じくホテルなどに泊まることが必要になります。そうなるとその分の料金もかかることになるのです。こう考えると、相当な費用がかかる事が予測できますね。家出人調査・結婚調査・身上調査など調査内容・調査種目別によっても調査終了の時点での経費のかかり具合は違ってきます。依頼内容によって難易度・求められる調査スキルも変化します。

 

初めて探偵に依頼する場合、料金の高さに驚いてしまうことでしょう。ですから、一般の人が気軽に探偵を利用できることではないと言えるのです。しかし、実際には依頼は少なくないのです。経営者や弁護士さんなどお金もちの夫の浮気を疑う専業主婦からの依頼だけではなく、旦那がいたって普通のサラリーマンの妻からの調査依頼も多いのです。もしも調査依頼をする必要があるならば、探偵事務所のホームページをまずチェックしましょう。先ほど述べましたように、調査依頼内容、そして調査方法によって料金は変わってきます。

 

しかし、ホームページなどでは、ある程度のプラン内容・金額の目安が載っているものもあります。探偵事務所の浮気調査にかかる料金に関して、相場と言われているものもあります。相場は全国であまり変わりません。時間単価と内容による単価を決めている業者がほとんどです。細かいことを書かずに一括の見積もりを提出するケースもあります。

 

>>経費の水増し請求が一切ない「原一探偵事務所」の安心料金設定とは?

 

 

浮気調査の依頼がやはり一番多い

探偵事務所・興信所への依頼として一番多いのは「浮気調査・不貞調査」です。ご主人(または奥様)の浮気関係・浮気場所・女性関係が気になり出すと人生最大のピンチと言っていいほど精神的に混乱してしまう方もいます。そんな方の場合、不倫調査の専門家である探偵にいち早く依頼した方が良いですね。

 

よく夫の後を付けて証拠を撮影する調査自体を自分や友達に頼んでやろうとする方もいますが、女性の自宅が判明したところでちゃんとした証拠写真が撮れていなければ調査自体に意味はあまりありません。むしろ浮気場所・女性宅などで配偶者・相手女性と言い合いになったり逆ギレ・いいわけされるトラブル・危険に巻き込まれてしまうこともあります。後日問い詰めても本気でシラを切られた場合には危機を覚悟で命がけで浮気調査をした意味すらなくなります。

 

ですので、まずは調査実績が豊富にある探偵社の女性相談員へ相談・概算の見積もり・経費内訳などを出してもらうなどしてみると良いでしょう。浮気調査の平均的価格をヒアリングしてみるだけでも良いかと。

 

大手の探偵社の中には浮気の証拠を取って解決後の法律関連のアドバイスや弁護士事務所・男女問題アドバイザーなどの紹介を行っているところもあります。パートナーが浮気している事実が分かると、心理的に参ってしまうこともあり、心理カウンセラー・ボトルボイスなどで相談することが必要になる方もいます。そんな時に離婚・問題解決のために専門家は心強い味方になってくれます。

次に多いのが行方不明調査

依頼者からの依頼内容で次に多いのが、家族の家出などによる失踪人・家出人の調査。特に増えているのが会社員が仕事などのストレスで悩んだあげくにいなくなる30才前後の男性の行方調査です。携帯番号など連絡先に電話をしてもつながらず、家族が心配して探偵へ依頼するのです。命の危険も考えられますから家出から日数があまり経過していないうちの早めの行動が急ぎで求められます。

 

まずは失踪者の勤務先など個人情報・小中幼なじみなど友達関係・一緒に行動していそうな女性関係・失踪時に使える貯金はいくらあるのか?近所・近隣で行動パターン的に立ち寄りそうなところはないか?などを探偵に情報公開し、それをもとに聞き込み調査などをとおして目撃者はいないか?などの目撃情報を聞き込みエリアにて調べてもらえます。プロにしかできない調査例です。予算・値段が幾らぐらいか?よりも行方不明人の安全を最優先させるべきだと言えます。お客様である相談者の悩みを親身に聞いてくれる興信所を選びましょう。